2008年07月10日

矯正歯科治療中の食事の注意点

矯正歯科による歯の矯正中の食事の注意点が、excite ニュースに載っています。なかなか具体的で参考になります。

「食事中の痛みは人によって差が大きく、まったく何ともない方もいれば、気になるという方もいます。矯正歯科による調整直後は痛くても、それから1週間ぐらい過ぎると、知らないうちに痛みを忘れて平気になるようです。

クリアタイプの器具を装着している場合は、時にゴムの部分に色がつきやすいので、カレーに限らず、コーヒー、赤ワイン、ミートソースなど色の濃い食べ物は避けたほうがいいですね。食べた場合は食後すぐの歯磨きが大切です。ちなみに、デーモンと呼ばれる装置はゴムが付いていないので、着色の心配もなく、色の濃い食べ物でも気にせず食べられますよ。

おせんべいやあられ、ナッツ、スルメなどの硬い食べ物や噛み切りにくいものは、装置が壊れたりする可能性があるので避けた方が無難です。また、キャラメルやガム、お餅など粘着性のあるものも、器具にくっついてしまって取れてしまう可能性があります」とexcite ニュースは、矯正歯科による歯の矯正中の食事の注意点を載せています。


posted by ヒロ at 11:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。