2007年10月17日

新世代の歯列矯正装置クリアスナップの共同開発者が東京で開院

新世代の歯列矯正装置[クリアスナップ]の共同開発者が、東京都台東区浅草橋1-24-1高政ビル2Fで白石矯正歯科を開院。TEL03-3866-8762。

新世代の歯列矯正装置[クリアスナップ]とは、これまでの透明なプラスティックタイプの矯正装置のクリアブラケットに3mm程のプラスティック製のフタを被せて、装置とワイヤーをつないでいるのが特色。

デルリンという素材を使用するため、摩擦の発生を解消し、痛みを減らし迅速な歯の動きを実現した。装置の色も乳白色で美しさもかなり引き立つ。変色が少ないので、汚れが目立たない。

アクシデントによる装置交換の確率を大幅に下げ、コストカットに成功。また、装置の構造を単純化している。装置の構造の単純化は、装置の小型化につながり、装置の小型化は装置の破折、歯面からの脱 落を防ぐという好循環をつくりだす。

製造元の(株)デンツプライサンキン社は、新世代の歯列矯正装置[クリアスナップ]で海外進出を始めている。日本の歯列矯正技術は、輸入がほとんどで、輸出はめったとないこと。


posted by ヒロ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

矯正歯科の新技術のデーモンシステムの是非:速いが前歯が前方にフレア:高技術レベルのベテラン歯科医にやってもらう

矯正歯科の新技術のデーモンシステムは、新しい、速いなどという長所を持っていますが、前歯を前方にフレアさせ易いという欠点を持っていますので、非常に技術レベルの高いベテランの歯科医にやってもらう必要があるようです。

イースマイル矯正歯科は、矯正歯科の新技術のデーモンシステムについて、「デーモンの利点も欠点も知り尽くした上でたいへん効果的に治療されている,非常に技術レベルの高い先生がいらっしゃいます。きちんとした診断と治療目標を持って本質的な事をマスターしている先生であれば道具は選ばずともきれいに治るでしょうし,そのような先生が、デーモンをうまく使えば大きな武器になるでしょう。単にデーモンが新しいから,とか,速いから,とか言う理由で診断もなくブラケットをつけても治るはずもありません」と言っています。

「私は,デーモンシステムのコンセプトであるライトフォース(弱い力)・ローフリクション(低摩擦)というのが、歯の移動にとって効率的であることには全く同意する。

しかし,セルフリゲーティングブラケット(結紮線を使わずに,ブラケットに組み込まれたキャップでワイヤーを固定するタイプのブラケット)だけが,そのようなコンセプトを実現するということではないし,むしろセルフリゲーティングの欠点も多い。

特にデーモンブラケットはパッシブセルフリゲーションと言われるタイプで,これの問題点はトルクコントロールがしにくいということである.すなわちすべての歯は与えられた既製のアーチフォームに傾斜で移動していく.デーモン先生によると,ライトフォースだから筋肉が押さえることで歯列が後方に広がりを見せ,まるでリップバンパーの効果のように歯が並ぶとおっしゃっているが,彼の症例集(DamonSystem The Workbook; Dwight Damon著,星野亨,荒井一仁訳,オームコジャパン刊)をみると,残念ながら前歯がフレアしているケースが非常に多い。

実際,彼のケースはコーケジアンで前歯を前方にフレアさせても許容範囲内なのだが,アジアンフェイスでこのように歯を動かすと口元が突出してしまうだろう。

この前歯のトルクコントロールこそが日本人で非抜歯治療を行うときに最も難しいポイントだとおもうがこれをデーモンブラケットでコントロールする事が出来るのは,デーモンを使わなくても出来る矯正歯科医ではないか。

私がデーモン先生の症例をみた感想は,60点から70点くらいの治療結果を今までよりずいぶん楽に達成する方法だな,というものである」とイースマイル矯正歯科は言っています。
posted by ヒロ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。