2007年02月26日

美しい歯が健康と強運の理由:芸能人

歯は、健康や運に関係ないとばかりに、歯並びの悪い芸能人などの方は簡単に前歯を抜いて入れ歯にする方が多いようです。

日本の人相学の源流は、中国の宋の時代の気功の大先生だった陳図南で、日本の人相学それから一歩も進んでいません。

この陳図南は「歯並びが美しく、美しい歯がたくさん残っている人ほど、健康で長寿で強運です」と言ってます。また中国では、歯の一本一本が、鍼灸の経脈をとうして内臓と結びついていると言われてます。

気功では、健康と強運になるため、歯と歯ぐきを指先で軽く連打して、内臓に刺激を与える方法もあります。

また、気功やヨガでは、自分の気を、尾てい骨、腰骨、首のボンのクボ、頭頂、額、鼻、のど、胸、へそ、性器、肛門、尾てい骨の順で回転させます。

このように気が回転できるようになると、健康になり、若返り、直感が生じ、物事を自然に達成させる念力が生じるのです。

このような気の回転の通路に当たる顔前面の前歯を抜くと、通路が遮断されて、気が下に流れにくくなります。本人は気づいていないようですが、人工の入れ歯の前歯は整って美しいですが、顔の雰囲気が苦しそうで、ゆがんでますね。

ですから、前歯も含めて歯はなるべく抜かないで長持ちさせた方が良いですね。矯正歯科で前歯の歯並びを整えた方が良いです。しかし、芸能界の方は、矯正歯科治療中の二年間が待てないようです。


posted by ヒロ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

審美歯科は汚い歯の着色を除く:隙間も

歯は、もともと少し黄色ばんでいますが、タバコのヤニやコーヒー・紅茶の茶しぶなどが原因でかなり着色すると、歯磨きでは取り除くことができず、人前で歯を出して笑いにくく劣等感を持ちやすいです。また、遺伝が原因で歯の表面が汚れている人もいます。

審美歯科とは、短期間に、歯並びを整え歯をより白くする方法で、3種類の方法があります。

@ホワイトニング、、、専門の薬剤を使用して、歯の表面の着色を取り除いて、歯を白くします。一番歯に負担のない方法で、歯科医に通院して行う場合と家庭で行う場合があります。

APMTC法、、、歯を削らずに、柔らかいラバーカップを回転させて、歯の表面の汚れを取り除いて、歯を白くします。

Bラミネートベニア法、、、遺伝的な原因で、ラバーカップで取り除けない場合は、歯の表面をうすく削り、薄いセラミックの板(付け爪のようなもの)を貼付けます。歯と歯と間の隙間を改善するのにも適してます。
posted by ヒロ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の受け口や出っ歯や上あごの治療法

発達期にある子供の矯正歯科は、成人矯正歯科とやり方が異なります。子供の成長過程では、顎の骨格や筋肉、歯列などに大変化が生じるため、このような変化に対応しながら、永久歯の咬合せを考えながら育てる必要があるからです。

◆子供の受け口を治す場合、、、機能的顎矯正装置を使い、かむという口腔周囲筋や舌の機能力を利用することで、顎の位置を変え、受け口を改善する。またリンガルアーチを使い、歯の裏側からワイヤーで歯を動かし、受け口を治す。チンキャップを使用し、下あごの成長をコントロールして、受け口を治す。上あごが発達していない受け口を治すには、フェイスマスクを使用します。

◆子供の出っ歯を治す場合、、、機能的顎矯正装置や上あごの成長をコントロールするヘッドギヤーを使用します。

◆子供の上あごが狭くて広げる必要のある場合、、、クワドヘリックスやネジの力で上あごの幅を広げる急速拡大装置を使用します。

マルチブラケット装置を使用して、1つ1つの歯にブラケットを装着し、ワイヤーの力で歯を動かして子供の歯を矯正する方法もあります。ブラケットの種類には、金属色メタルと、審美的に目立たないセラミックがあります。
posted by ヒロ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

成人矯正歯科の欠点や長所:内臓と人相学

成人矯正歯科の欠点や長所を書いて見ます。

◆短所、、、@矯正歯科装置を付けている二年間に、油断して歯磨きを真面目にしない、甘いものを食べると虫歯になりやすいA歯の色が少し悪くなりやすいB歯茎がやせやすく、歯根が見えやすくなり、油断すると歯が抜けやすくなる。

◆長所、、、@何故か自律神経失調症が軽減するか治るようですAバランス感覚が良くなり、歩くのにフラフラしないようになり、倒れにくいB耳鳴りが軽減するB歯の噛み合わせが良くなる。

二年間の矯正歯科治療費の多額さを差し引いても、成人矯正歯科の長所の方が、欠点より大きいようです。

中国では昔から歯の一本一本が各内臓の鍼灸の経脈と結びついていると言われ、ある歯が抜けるか異常を生じている場合は、その歯に結びついている内臓が弱くなります。奥歯は腎臓に結びついています。

人相学では、美しく歯が育ち、抜けずに多く歯が残っている人ほど、健康で長寿で福運の相として判断します。
posted by ヒロ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 成人矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪い癖が子供歯列に悪影響:八重歯と出世

私たちは、第一印象は目から、次は口元の歯から受けます。美しい良い歯並びの笑顔の人からは好印象を受けますね。

出っ歯や大きな隙間のある歯などからは悪印象を受けます。日本では、八重歯は愛嬌があると見られる場合もありますが、欧米では吸血鬼のドラキュラの歯として忌み嫌われています。日本もますます国際化して欧米に行く機会が増えてますが、子供の間に八重歯も治しておいた方が良いです。

子供の歯並びなどにに悪影響を与える子供の悪い癖とは、@指しゃぶりA爪、タオルなどをかむ癖B 口呼吸 C舌を上下の歯の間にはさんだり、咬んだりする癖や食べ物を飲み込む時に舌を前に出す舌の癖Dほおづえやいつも一方向を向いて寝ていたり、猫背などの悪い姿勢 、、、であり、出っ歯になったり、上下の前歯の咬み合わせが悪くなったり、上下の歯の間が閉じなくなったり(開咬)、顎の発育に悪影響、前歯の重なり、関節雑音、前歯が反対、上と下の前歯に隙間があるなどの悪影響が出たりします。

このため、自分の子供がこのような悪い癖を持っている場合は子供に止めさせるように言い聞かせます。すでに、このような悪い癖から、出っ歯、悪い噛み合わせ、上下の歯の間が閉じなくなったりなど、すでに自分の子供の歯に悪影響が出ている場合は、早急に矯正歯科に相談した方が良いです。

歯をきれいに並べるスペースを作る方法として、歯をやむ得ずに抜くことがありますが、子供時代の早期治療であごの骨をコントロールして、歯を抜かずに済むケースもあります。あごの骨のコントロールが容易な子供時代の早期治療が得策とも言えるようです。四〜五歳の乳歯列の段階から開咬や受け口などの治療したほうがよいケースもあり、矯正歯科医院に相談だけは早めにされるのが良いようです。
posted by ヒロ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矯正歯科治療費は2年間で約81万円

矯正歯科治療費は、グーグル検索一番人気の矯正歯科、歯列矯正web-[矯正歯科治療の料金について](http://www.fukutomi-dental.com/correction/price.html) によれば、成人矯正歯科の場合、検査診断が5万2500円、治療費68万2500円、一ヶ月弱ごとに一回の処置料金3150円で、2年間治療すると合計で81万600円になります。

乳歯が残っている方の矯正歯科は長くなるので、治療期間を二つに分けています。永久歯に生え替わる前の矯正治療費は 42万円
、永久歯に生え替わってからの本格治療費は26万2500 円。

部分的矯正歯科治療費は、10万5000 円 〜 68万2500 円 。
posted by ヒロ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正歯科治療費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矯正歯科は2年間:痛みや違和感は2日間

矯正歯科には、子供矯正歯科と成人矯正歯科にわかれ、最近は成人になってから矯正歯科をやられる方が多くなっています。

矯正歯科は何時からでも開始でき、矯正装置を歯につける期間は一年半から二年半、部分的治療では半年のこともあります。その後、歯並びを矯正した後に歯並びが元に戻らないようにする保定期間が1-2年間あり、毎月一回通院します。

矯正装置を歯に最初に付けた時に、平均2-3日、かむと痛かったり、歯が浮いているような違和感があります。個人差がありますが、その状態が一週間続く人もいます。痛みが激しい場合は、鎮痛剤を希望すれば、もらえます。最初に矯正装置を付けた時が一番つらく、徐々に和らいでいきます。
posted by ヒロ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

リンガル矯正歯科装置は見えない長所

矯正歯科とは、歯は継続して一方方向に力を加えると、その方向に動いていく性質があり、その性質を利用して矯正専門の装置を使い、出っ歯、すきっ歯、受け口、デコボコの歯など悪い歯並びや咬み合わせを、人工的に治す治療方法です。


これまでは、矯正歯科とは、歯の前面にギラギラとした針金を巻きつけたような金属の装置が主でしたが、現在では表側が透明の目立たない装置もあります。これは、ブラケットというワイヤーを、一本一本の歯に固定する部分が、透明のプラスチックで出来ているので、目立たないのです。

さらに最近では、歯の裏側につけるリンガル矯正装置も開発され、外から見ても歯を矯正中とわからない状態で歯並びを治すことも可能になりました。表側に付けた装置よりも発音がしにくいですが、矯正装置が表からは見えないという長所の方を重視される人には、人気が高いです。発音も練習すれば、上手く発音できるようになるようです。
posted by ヒロ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。